【映画】<岡田准一>「関ヶ原」が絶好調!木村拓哉、大野智との違いとは?©2ch.net

主演映画『関ヶ原』が好調のV6・岡田准一(36)。8月26日からの公開2日間で動員数1位、31万人。興行収入も4億円に迫った。

司馬遼太郎原作であることに加え、岡田に対しても3年前の大河ドラマ軍師官兵衛』での好演から期待が高かったが、最終的に20億円突破は確実。石田三成役の岡田は徳川家康役の役所広司(61)に遜色ない重厚な演技で、役者として一皮むけた感がある。公開前に神田明神でヒット祈願した際、『自分にとって代表作になると信じている』と語っていたが、その通りになりそう」(映画記者)

 近年のブームに乗るように、ジャニーズ事務所でも今年、木村拓哉(44)と嵐の大野智(36)が時代劇映画に挑戦したが、岡田との差は歴然。

「木村はGW公開の『無限の住人』。メディアジャックした宣伝効果もなく動員は伸びなかった。むしろ、大野の『忍びの国』のほうが評判は上でした。まるで2人が前座だったかのように登場したのが岡田ですが、大野とはもちろん、先輩の木村とも役者としての差は開いた印象。役になり切れる岡田と、どんな役をやっても“キムタク”になる木村。同じ年に時代劇に主演したことで、違いが浮き彫りになった。今後役者に専念する木村にとって、岡田は無視できない存在。事務所内での力関係も微妙になる」(映画関係者)

 SMAPという拠り所を失った木村とは対照的に、岡田の勢いに乗るかのようにV6の人気も回復しているという。芸能デスクが話す。

「最近は岡田の役者業に井ノ原快彦(41)の司会業、とグループ活動より個々の活動が活発化していましたが、一昨年、デビュー20周年を迎えると人気は回復。8月末、グループの人気番組だった『学校へ行こう!』(TBS系)を特番で放送して好評でした。人気は、幅広い層から支持される岡田による部分が大きい」

 私生活も充実の一途。

「宮﨑あおい(31)との交際も順調。岡田が都内に建設中の3億円といわれる豪邸が新居になると見られます。役者として不動の地位を確立した岡田は事務所内でも実質ナンバー1の扱い。結婚を反対される理由もない」(同前)

 三成は関ヶ原で敗れたが、岡田の“役者業天下取り”は順風満帆のようだ。

(「週刊文春」編集部)

文春オンライン2017年9月9日11時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_4031/?ptadid=

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/bunshun/bunshun_4031_0-small.jpg

【サッカー】現地紙が柴崎の活躍に注目「スピードを生かしてレガネスの守備網を崩した」

現地時間8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節、レガネスvsへタフェは1-2でアウェーのヘタフェが勝利を収めた。

この試合で先発出場を果たした柴崎岳は攻撃面で何度も見せ場を作り、62分に途中交代でピッチから退いている。

スペインメディア『マルカ』は柴崎に対してチーム最高タイとなる2点(3点満点)を付けている。

また、現地メディア『abc.es』もこの試合の結果を「ヘタフェがマドリッド南の今季初ダービーを制す」の見出しで伝え、柴崎について「日本代表の柴崎はスピードを生かして相手の守備網を切り崩す動きを披露。守備のタスクを多くこなすMFのマウロ・アランバリ、マルケル・ベルガラとともに中盤で見事な働きをした」と伝えている。

ここまで開幕2連勝を果たしていたレガネスは第3節で初黒星。一方のヘタフェは1勝1分け1敗と今季のリーグ戦初勝利を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000007-goal-socc

【サッカー】コンサドーレFW都倉、パパとしての初陣で“揺りかごダンス”を披露

9月9日に行われたJリーグ第25節のジュビロ磐田戦で、都倉賢がチームを同点に導くゴールを記録。

パパになって初となる試合で“揺りかごダンス”を行った。

北海道コンサドーレ札幌のFWは、先月28日に第一子の出産を自身のInstagaramで発表したばかり。

誕生後からピッチ外で愛娘への溺愛ぶりを披露してきたが、ゴールというプレゼントを残すなど、ピッチ内でも”良きパパ”としての働きを見せた格好だ。

なお、都倉はこれで今季通算7ゴール目で、6試合ぶりのゴール。

サポーターとしては、この“揺りかごダンス”をきっかけに奮起を期待したいところだろう。

http://qoly.jp/2017/09/09/hokkaidou-consadole-sapporo-tokura-ken-yurikago-dance-tdn-1

【サッカー/陸上】桐生、小学時代はサッカー少年 好きな映画は『ダイ・ハード』シリーズ/陸上

陸上・日本学生対校選手権第2日(9日、福井県陸上競技場)男子100メートル決勝で桐生祥秀(21)=東洋大=が追い風1・8メートルの条件下、9秒98をマーク。伊東浩司の日本記録を19年ぶりに更新し、日本勢で初めて10秒の壁を破った。

 ★生年月日 1995(平成7)年12月15日生まれ、21歳。滋賀・彦根市出身

 ★サイズ 1メートル76、70キロ

 ★サッカー 城陽小時代はGKとして彦根選抜に選ばれた。兄・将希さんの影響で、彦根南中から陸上を始める

 ★好物 抹茶味のお菓子、飲み物

 ★趣味 映画鑑賞。好きな作品は『ダイ・ハード』シリーズ

 ★憧れの選手 100&200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

 ★陸上漬け 彦根市の実家から洛南高まで電車で約1時間30分かけて通学した。朝練のために毎朝6時の電車に乗り、帰宅は午後9時30分

 ★好きな本 「一瞬の風になれ」。佐藤多佳子原作。男子100メートルのランナーを中心に高校の陸上部を描いた小説がお気に入り

 ★勝負曲 洋楽を良く聴く。特にaviciiの「WAKE ME UP」とクリス・ブラウンの「Turn Up The Music」が好きでレース前に良く聴いている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000537-sanspo-spo

【宮崎】飲食店で男性死亡 レジ開いたまま 強盗殺人で捜査 宮崎市

9日昼前、宮崎市の飲食店で、店長と見られる男性が血を流して死亡しているのが見つかり、
レジが開いたままになっていたことから、警察は強盗殺人の疑いで捜査しています。

9日正午前、宮崎市江平東の飲食店「江平四ツ目食堂」のちゅう房で男性が倒れていると、
店に来た客から通報がありました。

警察によりますと、倒れていたのは店長の60代の男性と見られ、
血を流してあおむけに倒れて死亡していたということです。
調べによりますと、レジの引き出しが開けられたままだったということです。

警察は男性の身元の確認を急ぐとともに、
何者かが男性を殺害してレジから現金を奪った強盗殺人の疑いで捜査しています。

近くの別の飲食店で働く女性は
「現場の店は60歳ぐらいの男性が1人で経営していて、
 たまにのれんを出したり仕出しをしたりしているようだった」と話していました。

現場は宮崎市の中心部を通る国道10号線沿いの古くからある飲食店です。

以下ソース:NHK 9月9日 14時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133221000.html

【山梨】住宅1棟と車庫全焼 住人夫婦が軽いヤケド 笛吹市

8日夜、山梨県笛吹市で住宅1棟と車庫を全焼する火事があり、この家に住む夫婦が軽いヤケドをした。

警察によると、8日午後9時20分頃、笛吹市の三枝信人さんの家から火が出ていると家族から通報があった。
火は約5時間半後に消し止められたが、この火事で、木造平屋の住宅1棟と隣接する車庫、
合わせて約450平方メートルを全焼した。

この火事で三枝さんが右手と左足に、57歳の妻が右足に、いずれも軽いヤケドを負った。

消防などによると、三枝さんは「物置でガソリンを扱う作業をしていたときに火が出た」と話しているということで、
警察と消防が詳しい出火原因を調べている。
http://www.news24.jp/images/photo/2017/09/09/20170909-131047-1-0000_l.jpg

以下ソース:日本テレビ 2017年9月9日 13:16
http://www.news24.jp/articles/2017/09/09/07372067.html